ブログ

日本会オークションの開催日が決定しました!!

2016年10月28日

2016年12月3・4日に開催が決定しました!!

12月3日 14:00〜18:00 下見

12月4日  9:00〜10:00 下見

 

12月4日 10:00〜  オークション開始

場所 富山問屋センター流通会館

930−0834 富山市問屋町1丁目3−18

 

 

今回も日本海オークションが決定しました!!

富山県内・北陸・日本国内どこからでも中国の品物の出品を受け付けています、プロの方だけではなく素人の方の出品もお気軽にご連絡ください!!

お家の蔵や倉庫、家族の遺品などで家に眠っていて売却を考えの方は出品を!!

今中国バブルで日本には中国の品物がたくさん存在していて、品物も昔の買った値段よりもちろん高騰しています、売却するなら今です!!

家にあった品物が数十万、数百万になることが多々あります!!

出品など売却をお考えの方は是非新原美術にご連絡ください。

 

富山県高岡市鴨島町40−1

933−0932

0766−22−7303

新原美術

 

img_0455img_0457 img_0458 img_0459img_0456

 

 

お店のリニューアル報告

2016年10月27日

最近お店のリニューアルをしました!!

町家風な感じの外観になりました、お気に入りです。

是非遊びに来てください!!

img_0444img_0446

img_0453

屋久杉使用、床の間風 熱海MOA美術館リニューアル

2016年10月26日

■展示スペースなど報道へ公開、国宝用に黒しっくいの部屋も

【熱海特集】グルメ、レジャー、温泉を知り尽くす

来年2月のリニューアルオープンに向けて大改修が進む熱海市桃山町のMOA美術館は25日、地元報道関係者ら向けに一部展示室の内覧会を開いた。内田篤呉館長が大改修の概要を説明し、特に展示空間については「日本の伝統的な素材を用いて、和風モダンな展示室に仕上がっている」と語った。

リニューアルに際し、同美術館はコンセプトに▽創立者・岡田茂吉の願いを継承した美術館▽伝統と現代を融合したデザイン▽素材の見立てによる空間の創造―を掲げた。ロビーエリアや展示スペース、カフェ、ショップなどの設計は、世界的に活躍する現代美術作家・杉本博司さんが建築家・榊田倫之さんと共に主宰する「新素材研究所」が手掛けた。

展示室は対面するガラスへの映り込みを防ぐために、真ん中に黒しっくいの壁を設け、回遊式の空間にした。展示スペースは屋久杉や畳を用いた床の間風に仕上げ、行者杉のかまちも配した。

特に2階中央の展示室は、国宝「色絵藤花文茶壺(つぼ)」の展示専用に黒しっくいで囲んだ小部屋を作った。真ん中にケースを置く。内田館長は「あたかも宇宙空間に壺が浮いているような感じになる。光の調整も丁寧に行った」と説明した。

メーンエントランスは漆塗りの扉になる。人間国宝の漆芸家・室瀬和美さんが制作した高さ4メートル、幅1・2メートルの扉で「おそらく漆の扉としては国内最大で、世界にないものができた」(内田館長)。

このほか、ミュージアムショップがリニューアルし、相模灘を一望するカフェ、本格フレンチのカフェレストラン、地産地消・オーガニック素材にこだわった和食処などがオープンする。

リニューアルオープンは2月5日。3月14日まで、展覧会「リニューアル記念名品展+杉本博司『海景―ATAMI』」を催す。

【写説】美術品が美しく映える空間を目指し、黒しっくいの壁が設けられた展示室=桃山町のMOA美術館

Yahoo!ニュース引用

高岡市で買取がありました。

高岡市内で買取があり、銀製品などが沢山ありました。

銀杯などは重さでの買取になりますが、盃や香炉、銀瓶、急須、釜など(他にも銀製品は沢山)(銀杯以外・)は製品としての買取になります。

なので製品としての買取は重さの数倍での買取がほとんどになります!!

このような品物があれば是非新原美術にご連絡ください!!

0766−22ー7303

 

 

九谷焼・作家物・盃・まとめて・酒器 入荷しました!!

時代・九谷焼など・盃・まとめて 入荷しました!!

書家旧蔵・曹素功・監製・古墨・書道具 入荷しました!!

二代・徳田八十吉・深厚燿変・獅子香炉・深厚釉作品 入荷しました!!

時代・九谷焼・楼閣山水人物文・香炉・在銘 入荷しました!!

人間国宝・吉田美統・金襴手・花唐草文・酒盃・一対 入荷しました!!

無料出張鑑定
ご友人紹介キャンペーン